逆援の弓好き

弓の分類 

構造による分類としては、1本の木や竹で作った丸木弓と、
木と竹または動物の腱などを張り合わせた複合弓に大別される。

素朴な丸木弓は主として東南アジア、アフリカ、オセアニア、アメリカインディアンに見られる。
丸木弓よりはるかに強力な、弓幹をシラカンバの皮や漆で固めた良質な複合弓は、
アッシリア、古代エジプト、古代中国にかけて西アジア遊牧民に多く見られた。

弓幹の長さによる分類としては、長弓と短弓(ロングボウ、ショートボウ)に分けられるが、
一般に西アジア遊牧民は短弓、東アジアは長弓が多い。

漢民族は東方異民族を「夷」と呼んだが、この字は「大」と「弓」の組み合わせで、
「長弓を使う者」の意味である。
ひざまずく人を示す象形文字から生じた漢字であるという説もある。

弓って一番最初は誰が発明したんでしょうね??
[PR]



# by ni009xo | 2010-10-27 16:40 |

ゲームでは専ら遠距離に専念w
by ni009xo
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体

未分類

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

弓の分類 
at 2010-10-27 16:40
弓を学ぶ。。
at 2010-06-18 18:16
弓の軌跡
at 2010-05-10 14:56

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧